弊社は、国からの要請で補助金・助成金申請も可能な地域プラットフォーム認定者として、中小企業事業者様の身に寄り添い、そして上述の業務をワンストップショッピングとし各々支援致します。尚、今3月度実施で成果のあった小規模事業者持続化補助金等については、左記左下の「お知らせ・新着情報」欄をご参照下さい。

上述の地域プラットフォームの詳細は、ここをクリック下さい。

社代表は、経営に関する助、診断能力を行うに当たり、経営コンサルタント、当該専門家としての一の国家資格である中小企業診断士として認められております。

 

更に税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上の個人、法人、中小企業支援機関等を、経営革新等支援機関として国が認定することにより、 中小企業に対して専門性の高い支援を行うための体制の整備の一環としての認定経営革新認定機関も今般単独でも取得しております。

詳しくは、上記”お問い合わせ(総合)”をクリックしご一報下さい。何卒宜しくお願い致します。


2021年中小企業庁事業再構築補助金動画含む解説

2021年6月2日
今般、中小企業庁より中小企業向けへのコロナ対策として画期的な!事業再構築補助金の公募が開始されております。私は認定経営革新等支援機関として、今5月7日の第一次締切の1回目そして、7月2日締切の第二回目共々、当該制度目的等に則り、事業者様に寄り添い且つ伴走型支援に尽力を努めさせて頂いておりますのでよろしく。詳しくは上述のURLをクリック下さい。

採択率を向上させるために

2015年4月30日



平成27年度第一次の【小規模事業者持続化補助金】採択結果については、下記URLをご覧ください。

http://www.jizokukahojokin.info/

さて、採択への3つの基準・原則としては、下記3つを踏まえて経営計画書、補助事業計画書を作成しているのが採択率が書かいようです。


下記をご覧ください。
1.社会貢献性

2.新規性・革新性・独創性

3.経済効果


詳細は、別途といたしますが、補助金を出す側としても、お金を出すからには、効果を上げてもらわなければ死に金になりますから、どうしても経済効果は重視するポイントになってきます。


【小規模事業者持続化補助金】に応募する際には、
これら3つの原則(「
社会貢献性、新規性・革新性・独創性、経済効果」)をきちんと押さえて、事業計画を作成下さい。

小規模企業関連施策

2015年6月30日


不正受給に監督官庁は目を光らせており、業績が悪化したために不正受給とみなされたケースも多く、当サイトのサブタイトルに”業績改善・向上”も一緒に!を付記した背景でもあります。


ご参考までに不正受給の一覧の一端は、この、不正受給の一覧をクリック下さい。

2015年7月30日

上図に、補助金と助成金の違いの概要も図示してますのであわせてご覧ください。

M&Aアドバイザー&デューデリジェンス(企業調査)各々認定書受領

2021年1月28日

日本最大のM&A、事業承継、事業譲渡のプラットフォーマーのバトンズより、M&Aアドバイザーを取得し既に当該活動をしております。

2021年3月18日

日本最大のM&A、事業承継、事業譲渡のプラットフォーマーのバトンズより、デューデリジェンス(企業調査)講座の認定証を取得し既に当該活動をしております。

後継者育成E-ラーニング講座(ダイジェスト動画)2021年4月

 業績改善・向上の支援 (補助金・助成金活用も)

2014年12月10日
補助金・助成金等とセットにして業績改善・向上への支援を致します。

(もちろんそれ以外の支援もやっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。)。

活動エリアは、当面、東京・神奈川等関東中心と考えております。

(しかし国の地域プラットフォームの認定も受けておりますので、全国的な活動もできます。)

地域プラットフォームは、情報収集から補助金・助成金申請まで、経営者の身近な相談窓口ですが、その詳細については次の、地域プラットフォームをクリック下さい。 

中小企業に必要なコンサル+コーチングもセット支援

コンサルティングとコーチング
コンサルティングとコーチング

2014年12月10日

なお、支援メニューとしては、業績改善と業績向上の各メニューがありますが、詳細は下記の通りです。

しかし、中小企業事業者の場合、左表のように、コンサルティングだけでなく、(潜在能力を顕在化させ真の課題を引出すとの)コーチングも業績改善・向上に役立っているのが実態でした。

コーチングは、お客様の身に寄り添い真の課題解決をめざすためには大事なツールであり、状況~を踏まえた支援を考えております。

        そのコーチングについても二十数年以上の実績がありますので宜しく。

(なお、定義としてのコーチングとは、人材育成を行う手法の1つです。

・質問型のコミュニケーションを使い、目標に対して相手が取るべき行動を自ら選択することを促す手法であり、自律的な選択により行動を誘発することが実現できます。) 

上記”コンサルティング+コーチング”により、真の課題解決が可能です。

それにもとづき業績改善・向上への具体的事例は次の通りです。

上記の詳細は、当面それぞれの下記をクリック下さい。

創業(ベンチャー)支援

経営革新

マーケティング戦略+ネット

事業再生

無料経営相談

福祉サービス第三者評価

(少子高齢化対策)

金融機関融資成功の条件

2016年4月30日
非常に多くの中小企業が赤字との実態です。従って金融機関との良好な関係は欠かせません。ついては、金融機関との融資成功の条件として以下を留意するよう某政府系金融機関のご担当者様の見解ですので宜しく。


Face Book


2014年9月30日

ホームページのリニューアル:

今般、KDDI様の名著「Webマーケティング」をも拝読し当該関係者様々のご指導により、シンプルに見やすい形にリニューアル致しました。 

上記テーマは、今般、国から拝命の地域プラットフォームでの大事な使命でもあります。

上述の、”一粒の麦”への想いを発信するに当っても、総じてお役にたつ内容の発信を志しますので何卒宜しくお願い致します。

 

追記:ホームページは、2人以上で作成するのが良いとも教えられました。従って、そのような観点を広くと応え”専門家集団との連携”をも当テーマを入れました。

 


少子高齢化対策等社会貢献にもネット活用を・・→Web教育の波及・貢献度について

10年以上前、前勤務での大手IT会社の社長がこれからは”Internet is everythingの時代だ!”と言われたこともあり!ホームページ専門学校へ。そこでの先生が「ホームページ言語はドリームウイーバーが良い!」と言われドリームウイーバーのみならずSEOの啓蒙を得、それをベースにホームページ構築活動を!その後ネットショップ実務士、ネットマーケティング検定合格、そしてITコーディネータ協会の”みんビズHP構築アドバイザー認定を得た経験から掲題の社会貢献上からも大変有益との視点で以下述べてみました。”直近の2013年9月24日から4回に渡り、朝日新聞に同志社大学(前京都大学教授)の(私とは大学時代男声合唱の友でもある)橘木教授の”人生の贈り物”と題する記事が掲載されてました。詳細は左記をクリック下さい。

その中で、格差と少子高齢化対策について、述べておりますが、それへの是正策について、私が10年間ホームページ構築に携わってきたWeb教育による貢献の観点から述べてみたいと思います。・・・

 その一つに、Web教育を生産年齢人口の枠を超えて、もっと広い年齢層へレクチャーすることにより、少子高齢化対策への一助になるということです。

(さて、生産年齢人口については、左記URLをクリック下さい。)

更に、格差については、受講者を上中下等の能力別にグループ分けすることにより、格差是正が果たされると確信しております。

 特に、ホームページ作成の言語が、従来までの、ドリームウイーバー、IBMビルダーだけでなく、数分で出来るとのうたい文句の”みんビズ”とかIimdoが出現したことにより、実現性の高まりは極めて高いと云えるのではないでしょうか?

詳細は別途にて宜しく・・・・。  中小企業診断士 沼田邦男

 

2 コメント

国の経営改善・事業再生研修受講について

2013年8月末に、国の中小機構主催による、中小企業・小規模事業者支援体制のさらなる充実に向け、経営改善・事業再生計画の策定支援に必要な知識の習得を目的に、「認定支援機関向け経営改善・事業再生研修【実践力向上編】」を受講しました。その概要は、次の経営改善・事業再生研修【実践力向上編】」の通りですが、2日間ある内、初日の夜もレビューしたのですが、資料が良く整っていて「これなら、最後のキャシュフロー分析も含め目下、お困りの中小企業事業者にも活用できる」と思い嬉しかったです。財務諸表分析がこのようにできるということは、それ以外の戦略、マーケティング等の諸々は相対的に強いことから、様々な中小企業事業者様へも活用させて頂けるものと存じあげ宜しくお願い致します。

続きを読む 0 コメント

新年のご挨拶と生前戒名拝命且つ今年の抱負について

新年明けましておめでとうございます。

 

昨年、近隣の菩提寺の住職より戒名講習会を受講しました。その後今まで生きてやってきた経歴書を提示したら”人々にためになる教えを与え導き助け功徳する”との内容の「生前戒名」を頂いた。それは過去から現在での世の中に役立つべく自分の価値とも言って良いのではないでしょうか?とはいえ自戒し今後共、お客様満足と信頼性の向上に資するようにと考えておりますので宜しくご愛顧のほどお願い致します。

 

さて、昨年もお客様満足と信頼性の向上に資するよう、10年間のホームページ構築実績をベースにネットショップ実務士とネットマーケティング検定の各試験に合格しました。そして、更にITコーディネータ協会の”みんビズ”ホームページ登録アドバイザーにも認定されました。


成長分野での環境関連では、地球環境排出権削減CO2削減の准カーボンカウンセラー(内閣府関連)及び国内クレジットエキスパートの各試験にも合格しました。

 

いずれにしても従来からの中小企業診断士とITコーディネータとのシナジーをもとに一層のお客様満足と品質向上に資するものと切磋琢磨致したく存じます。

 

そのような背景のもと、神奈川県よりBCP(事業継続計画)作成の要請そして国より中小企業診断士第三次試験委員とも言われる実務補習委員として新年より中小企業診断士二次試験合格者への診断実習も実施させて頂くこととなりました。

更には東京都より要請の福祉サービス第三者評価も数件受注し目下実施中です。

 

更に、昨年末所属の”東京都中小企業診断士協会”と”NPOみなと経営支援”が国の、中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関の認定を受けたました。そのことは、既に拝受の国からの中小企業診断士試験委員と中小企業診断士二次試験合格者への診断実習指導員拝受に引き続く快挙です。

いずれにしても、一層のお客様満足と品質向上に資すべく、今年もご愛顧のほど何卒宜しくお願い致します。

                                      沼田邦男

 

 

 

2 コメント