弊社は、国からの要請で補助金・助成金申請も可能な地域プラットフォーム認定者として、中小企業事業者様の身に寄り添い、そして上述の業務をワンストップショッピングとし各々支援致します。尚、今3月度実施で成果のあった小規模事業者持続化補助金等については、左記左下の「お知らせ・新着情報」欄をご参照下さい。

上述の地域プラットフォームの詳細は、ここをクリック下さい。

社代表は、経営に関する助、診断能力を行うに当たり、経営コンサルタント、当該専門家としての一の国家資格である中小企業診断士として認められております。

 

更に税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上の個人、法人、中小企業支援機関等を、経営革新等支援機関として国が認定することにより、 中小企業に対して専門性の高い支援を行うための体制の整備の一環としての認定経営革新認定機関も今般単独でも取得しております。

詳しくは、上記”お問い合わせ(総合)”をクリックしご一報下さい。何卒宜しくお願い致します。


お知らせ  
20.7.13  

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ2

 

20.6.14  

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ1

20.5.15 コロナ対応含む 小規模事業者持続化補助金
20.4.16  拡大化の新型コロナウイルス感染症対策
20.3.17  新型コロナウイルス感染症対策
20.2.18

健康経営アワード2020アワード開催!(経産省推進)

20.1.19  「経営者保証に関するガイドライン」特設公表

19.12.20

 

 中小企業へのSDGs活用
19.11.21

世界の国々との共通の理念の SDGsについて

19.10.22  法人事業承継税制の活用
19.09.23 国策でもある健康経営について
19.08.24  事業継続力強化計画認定制度スタート
19.07.25 消費税の軽減税率対応の支援
19.06.27  新施策:中小企業強靭化法等
19.05.28  キャッシュレス対応
19.04.30  小規模事業者持続化補助金公募開始!
 19.03.01  ものづくり補助金募集開始
 19.03.01 国より ”認定経営革新等支援機関”拝命!
 19.02.02 東京都中小企業振興ビジョン~未来の東京を創るV戦略~公表
 18.12.04 東京都職域健康促進サポート事業
 18.11.05 中小企業プロモーション支援事業(東京都)について
 18.09.07 健康経営について
   

新型コロナウイルス感染症影響受ける事業者の皆様2

2020.7.13

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける、業種別支援策リーフレットが公表されました。

<経済産業省特設ページ>
各種支援策の詳細やお問い合わせ先は、以前よりご案内させていただいております支援策パンフレットよりご確認ください。<支援策パンフレット

新型コロナウイルスの影響をうける事業者のみなさまにご活用いただける支援策のパンフレットが更新されました。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

また、次のサイトでは新型コロナウイルス感染症関連の支援策を随時掲載しております。
パンフレットの新着情報は以下のとおりです。
*********************************
第1章 経営相談
・専門家による経営アドバイスを受けることができます。
(補正予算、6ページ)

第2章 資金繰り支援
・都道府県等による制度融資を活用して、民間金融機関にも実質無利子・無担保・据置最大5年・保証料減免の融資を拡大します。さらに、信用保証付き既往債務も制度融資を活用した実質無利子融資に借換可能とします。
(補正予算、10ページ)

・店舗増加や積極的な成長投資を行っているベンチャー・スタートアップ企業など、売上増加に直結する設備や雇用等の拡大を行っている場合について、売上高の比較要件を明確化しました。
(11ページ)

・新規融資とあわせて既往債務の借換を可能とし、既往債務の借換についても当初3年間利子補給による実質無利子化の対象とします。
(補正予算、21ページ)

・中小企業再生支援協議会が、中小企業者に代わり、一括して元金返済猶予を要請し、新規借入を含めた金融機関調整の上で、事業改善まで一貫してサポートします。
(補正予算、23ページ)

第3章 給付金
・持続化給付金を創設します。
(補正予算、24ページ)

第4章 設備投資・販路開拓支援
【生産性革命推進事業】
・「生産性革命推進事業」における各補助事業の補助率又は補助上限を引き上げた「特別枠」を新たに設けます。
(補正予算、26ページ)

【サプライチェーン改革】
・サプライチェーン対策のための国内投資促進事業を実施します。
(補正予算、30ページ)

・日本への製品・部素材の供給を目的とする海外製造拠点の複線化等に向けて、海外サプライチェーン多元化等支援事業を実施します。
(補正予算、31ページ)

【販路開拓支援】
・JAPANブランド育成支援事業で、地域産品・サービスの魅力創出・発信活動・新市場の開拓を支援します。
(補正予算、32ページ)

第5章 経営環境の整備
【経営資源引継ぎ・事業再編】
・後継者不在の事業者の経営資源引継ぎや事業再編を後押しします。
(補正予算、37ページ)

【事業継続力の強化】
・感染症対策を含む中小企業強靱化対策事業を実施します。
(補正予算、38ページ)

【テレワーク】
・「中小企業経営強化税制」に、新たな類型を追加します。
(48ページ)

第6章 税・社会保険・公共料金
【税の申告・納付】
・2月以降、売上が減少(前年同月比▲20%以上)したすべての事業者について、無担保かつ延滞税なしで納税を猶予します。
(51ページ)

・4月17日(金)以降であっても柔軟に確定申告書を受け付けることとします。
(52ページ)

・欠損金の繰戻し還付の対象を拡大します。
(55ページ)

・固定資産税等の減免を実施します。
(56ページ)

【電気・ガス料金】
・個人又は企業にかかわらず、新型コロナ感染症拡大の影響を受け電気・ガス料金の支払いに困難な事情がある方に、柔軟な対応を行うことを要請いたしました。
これを踏まえ、ページを更新しております。
(59ページ)

新型コロナウイルス対策に関する続報です。
新型コロナウイルスの影響をうける事業者のみなさまにご活用いただける支援策のパンフレットが更新されました。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者向けパンフレットの更新

2020.6.14 新型コロナウイルス対策に関する続報です。

新型コロナウイルスの影響をうける事業者のみなさまにご活用いただける支援策のパンフレットが更新されました。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf   次のサイトでは新型コロナウイルス感染症関連の支援策を随時掲載しています。
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html 

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者へ新たな支援策

2020.6.14新型コロナウイルスの感染が広がる中、観光客の減少や部品の調達・供給等の

停滞など観光関連産業や製造業など影響が長期化していることを踏まえ、政府は10日の対策本部で、個人事業主を含む中小・小規模事業者の資金繰り対策に、万全を
期すため、日本政策金融公庫に特別貸付制度の創設などを盛り込んだ第2弾となる緊急対応策を決定・発表しました。

・緊急対応策(第2弾)
https://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2019/index.html

【新型コロナウイルス感染症関連のページURL】
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html
〈中小企業の経営相談〉
関東経済産業局 中小企業課
直通番号:048-600-0321

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ

2020.06.14■雇用調整助成金の特例措置の対象となる事業主の範囲を拡大

厚生労働省より、2月14日から講じている雇用調整助成金の特例措置について、
特例措置の対象となる事業主の範囲の拡大をする旨の発表がなされております。
報道発表は以下のとおりです(2月28日付け)。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09852.html    具体的な変更内容は以下のとおりです。
[現行の対象事業主の範囲]
日本・中国間の人の往来の急減により影響を受ける事業主であって、中国(人)
関係の売上高や客数、件数が全売上高等の一定割合(10%)以上である事業主
  ↓
[拡大後の対象事業主の範囲]
新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主
※これにより、日本人観光客の減少の影響を受ける観光関連産業や、部品の調達・
供給等の停滞の影響を受ける製造業なども幅広く特例措置の対象となります。

本件に関する問い合わせ先は、最寄りの都道府県労働局となります。
以下の連絡先一覧もご活用ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/000597459.pdf

また、新型コロナウイルスの影響をうける事業者のみなさまにご活用いただける
支援策が以下にまとめられています。
http://mail.mirasapo.jp/c/bEf4agxmk25nmjac      パンフレットの中では上記に加え「セーフティネット保証5号の指定業種拡大」
に関する内容も含まれています。

その他、資金繰り支援をはじめ、設備投資や販路開拓、経営環境の整備に関する
施策について、省庁横断的な施策を掲載しております。
ぜひご活用ください。

コロナ対応含小規模事業者持続化補助金

2020.5.15 当局よりは小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助としています。更に本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、原則50万円を上限に補助(補助率:2/3)するものともしています。・また、今回の公募にあたっては、政策上の観点から、

①新型コロナウイルス感染症により経営上の影響を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者

②賃上げに取り組む事業者

③計画的に事業承継に取り組む事業者

④経営力の向上を図っている事業者

⑤地域の特性・強みを生かして高い付加価値を創出し、地域経済への影響力が大きく、その担い手となりうる事業に取り組むことが期待される企業として経済産業省が選定した事業者等

⑥過疎地域という極めて厳しい経営環境の中で販路開拓等に取り組む事業者

への重点的な支援を図ります。詳しくは経済産業省・日本商工会議所の左記をクリック下さい。

拡大化コロナ感染症対策

2020.4.16

1929年の世界大恐慌を凌ぐとの今回コロナウイルス感染症対策へは、私も都内での中小企業様への資金繰り支援を既に約500社へ実施し、更に継続実施中。詳細は別途ですがまずはURLをご参照下さい。

 

新型コロナウイルス感染症への中小企業者対策を!

2020.3.17 先般全国47都道府県から、新型コロナウイルス感染症によって多数の中小企業・小規模事業者が事業活動に影響を受けている、または受けるおそれが生じたとして、セーフティネット保証4号の指定の要請がありました。

※売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の100%を保証する制度です(参考資料)。

これを踏まえ、経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の影響により売上高等が減少している中小企業者・小規模事業者の資金繰り支援措置として、以下の地域を対象にセーフティネット保証4号を発動することとしました。

私も東京区内での窓口相談への対応をしておりますが、多くの中小企業者様が来訪し国の支援策への円滑な浸透へ・・中小企業者様へのお気持ちをも察ししつつ対応させて頂いております。
セーフティネット保証4号の概要(参考資料)

新型コロナウイルスに関連した感染症対策情報

本件のお問い合わせについては、お近くの地方経済産業局にご連絡ください。

各地方経済産業局 電話番号
北海道経済産業局 中小企業課 011-709-3140
東北経済産業局 中小企業課 022-221-4922
関東経済産業局 中小企業金融課 048-600-0425
中部経済産業局 中小企業課 052-951-2748
近畿経済産業局 中小企業課 06-6966-6023
中国経済産業局 中小企業課 082-224-5661
四国経済産業局 中小企業課 087-811-8529
九州経済産業局 中小企業金融室 092-482-5448
沖縄経済産業部 中小企業課 098-866-1755
中小企業庁    金融課 03-3501-2876

担当

中小企業庁 事業環境部 金融課長 貴田
担当者:高橋、小野

 

電話:03-3501-1511(内線5271~5)
03-3501-2876(直通)
03-3501-6861(FAX)

健康経営アワード2020開催について(経産省)

2020.2.18

健康経営に取り組む企業の顕彰や健康経営の促進のためのディスカッションを行うことを目的に「健康経営アワード2020」を開催します。

第1部では、東京証券取引所と共同で、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる上場企業から選定した「健康経営銘柄2020」を発表します。
第2部、第3部では、日本健康会議が認定する「健康経営優良法人2020」の発表及び企業における健康経営の促進をテーマにシンポジウムを行います。
※今後、新型コロナウイルス感染症に関する状況を踏まえ、開催の取りやめまたはプログラムの変更等を行う可能性はある。

「経営者保証に関するガイドライン」の特設が公表

20.1.19

日本商工会議所と一般社団法人全国銀行協会を事務局とする「経営者保証に関するガイドライン研究会」が、12月24日、事業承継に焦点を当てた「経営者保証に関するガイドライン」の特則を公表しました。

本特則は、現行の「経営者保証に関するガイドライン」を補完するものとして、事業承継時の経営者保証の取扱いについての具体的な着眼点や対応手法などについて定めています。

(中小企業庁)
(日本商工会議所)

(全国銀行協会)

中小企業へのSDGs活用

2019.12.20

SDGsに取り組む際、上図「SDGsの17のゴールと企業の取組の関連性を当てはめた例」のとおり、現在まで実施してきた企業の取組と17のゴールを紐づけることで、「企業イメージの向上」「社会課題への対応」「生存戦略になる」「新たな事業機会の創出」などのメリットにつながります。SDGsの取組を対外的にアピールすることで、企業の信頼性が高まり人材確保にも効果がある他、従業員のモチベーション向上に寄与するなど、社内教育としても効果があります。また、SDGsの取組をきっかけに、投資などの条件で有利に働いたり、地域との連携や新規取引先の獲得、新規事業開拓なども期待できます。新しく何かを始めなくても自社が取り組んでいる事業や、節水・節電、社員の福利厚生に係る制度などとSDGsのゴールを紐づけることで、多大なコストをかけずに、ビジネスチャンスの機会を創出することが可能になるのです。SDGsは大企業のほうが取り組みやすい印象を持たれがちですが、意思決定のスピードや地域との密着性、柔軟性が高いなどの面から、中小企業や小規模事業者にとってもSDGsは取り組みやすいと考えられます。(以上については、中小企業庁関連HPより引用させて頂きました。)

中小企業の新たなビジネスチャンスを生むSGDsで持続可能な経営実現を!

2019.11.21

╋SDGsは、人材確保や企業イメージ向上、業務見直しなどにつながります。https://www.mirasapo.jp/features/policy/vol78/index.html

すべての国を対象とした世界共通の目標である「SDGs」。活用することで、
持続可能な企業を実現。環境省が作成したSDGsに係る活用ガイドから、
取組のメリットや成果事例を紹介します。

 

詳しくはこちら
https://www.mirasapo.jp/features/policy/vol78/index.html

法人事業承継税制の活用

平成30年度税制改正で抜本拡充した「法人版事業承継税制」は、昨年4月から今年7月までの16ヶ月間で、既に4,026件の特例承継計画
の申請がされるなど、幅広く活用されています。そこで中小企業庁は、本税制の更なる活用促進のため、
(1)
法人版事業承継税制の活用事例
(2)
法人版事業承継税制活用促進の取組事例
(3)
特例承継計画の策定支援ランキング
を作成し、下記HPでアップしました。

【中小企業庁HP
https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/index.html
今回公表されていない皆様の取組事例も募集中ですので、
公表のご希望があれば、下記まで御連絡ください。

 

【問い合わせ先】
中小企業庁財務課
Tel
03-3501-5803(直通)
Fax
03-3501-6868
Mail
s-chuki-zaimu@meti.go.jp

国策でもある健康経営

2019.9.23

健康経営とは、従業員等の健康管理や健康増進の取り組みを「投資」と捉え、経営的な視点で考えて、戦略的に実行する新たな経営手法です。これまで、従業員の健康管理は自己責任、あるいは企業にとってコストとして考えられてきましたが、今後も続くであろう深刻な「人手不足問題」などを背景に、「健康経営」に注目する経営者が増えています。
従業員の健康づくりを「投資」とするには、相応の「リターン」が期待されるからです。先進的に健康経営取り組む企業からは、「生産性向上」「業績向上」「従業員の活力向上」「組織の活性化」「企業価値向上」「採用時の応募数増加」などを実感しているといった声も寄せられています。
また、労務管理・労働安全対策の視点からの「法令遵守」「リスクマネジメント」の手法としても注目されています。このように、健康経営は、企業が経営理念に基づいて、従業員等の健康保持・増進に積極的に取り組むことにより、従業員の活力向上や生産性の向上など組織の活性化をもたらし、ひいては業績の向上や企業のイメージ向上、採用増加へ繋げていく取り組みです。
健康経営に関心が集まっている背景
健康経営に関心が高まっている背景として、①生産年齢人口の減少と従業員の高齢化 、②深刻な人手不足、③国民医療費の増加が挙げられます。 従業員の高齢化に伴い、病気等により貴重な人材が継続して働けなくなるというリスクが高まっていること、少子化により生産年齢人口が減少し、長期に亘って深刻な人手不足が続くこと、高齢化による国民医療費の増加が企業の社会保険料負担の増加に繋がっていることなどです。
こうした日本の構造的な課題を背景に、人材を確保し、長くいきいきと企業で働いてもらえる環境づくりが、継続した企業活動には不可欠と考える経営者が増え、健康経営への関心が高まっています。
国策としての健康経営
このような背景の中で、政府としても、成長戦略である「日本再興戦略」の中で、国民の健康増進を図る国策の一つとして「健康経営」の普及・推進が掲げられ、現在も様々な施策が実施されています。
東京商工会議所は、健康経営の普及・推進を担う人材を育成するため、2015年に経済産業省から健康経営の考え方を体型的に学べる研修プログラムの開発を受託。健康経営に関わる専門家のノウハウを結集し、「健康経営アドバイザー制度」が生まれました。

事業継続力強化計画認定制度スタート

2019年8月24日

近年頻発している自然災害は、中小企業の事業活動に大きな影響を及ぼします。
事業を継続して経営基盤を守るためには、災害に備えた事前の対策が必要です。
このような状況を踏まえ、今般、中小企業者が防災・減災に向けた取り組みを
明記した「事業継続力強化計画」の認定制度を創設しました。

計画認定を受けた中小企業の皆様は、以下の支援策が活用できます。
●信用保証枠の追加
●低利融資
●防災・減災設備への税制優遇
●補助金の優先採択(ものづくり補助金等)

制度の創設に併せて、「中小企業強靱化対策シンポジウム」、「計画策定のた
めのワークショップ」、「計画策定のためのハンズオン支援」も実施します。
支援を行っている中小・小規模事業者に対しての周知にご協力をお願いいたし
ます。

【詳細(中小企業庁HP)】
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/bousai/keizokuryoku.htm

 

【問い合わせ先】
関東経済産業局 産業部 中小企業課
048-600-0321

中小企業・小規模事業者消費税軽減税率対応支援

2019.7.25 経済産業省では、中小企業・小規模事業者が軽減税率制度に対応するための準備を支援するため、レジ・システム補助金(軽減税率対策補助金)を設け、中小の小売事業者等に対して複数税率に対応が可能なレジの導入等を補助するとともに、中小の卸売事業者、製造事業者等に対して区分記載請求書等保存方式に対応した請求書の作成に必要なシステムの改修・導入を支援しています。
また、キャッシュレス・消費者還元事業において、消費税率引上げ後の一定期間に限り、中小企業・小規模事業者がキャッシュレス手段を使った際の消費者還元等も支援しています。現状は、レジ・システム補助金の申請は、用意している予算ベースで3~4割程度のようですが、今後は増加のようです。

軽減税率の実施まであとわずかですので、以下のリーフレット等を参照していただき、レジの導入・改修などにご活用ください!

<リーフレットのリンク先>
(1)消費税の軽減税率対応のためのレジ・システム補助金(第3版)
https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2019/190325keigen1.pdf
(2)キャッシュレス・消費者還元事業
https://cashless.go.jp/assets/doc/kameiten_leaf.pdf

〈問い合わせ先〉
(1)軽減税率対策補助金(レジ・システム補助金)についてはこちら
http://kzt-hojo.jp/
【TEL】0120-398-111
(2)キャッレス・消費者還元事業についてはこちら
https://cashless.go.jp/
【TEL】0570-000655(中小・小規模事業者向け)

キャッシュレス対応

2019.5.28
今10月1日より、消費税値上げへの対策の一環として”キャッシュレス・消費者還元事業”の講習会へ行ってきました。その概要は、キャッシュレス・消費者還元事業をクリック下さい。

公募:小規模事業者持続化補助金事業

2019.04.30

本事業は、小規模事業者が自らの経営を見つめ直し、事業の持続的な発展に向けて経営計画を作成して販路開拓等に取り組む際の経費の一部を補助するものです。対象者は商工会議所地区で事業を営む小規模事業者。公募期限は6月12日(水)です。

  • 分野1:経営改善・経営強化 設備導入・運転資金 販路拡大 新事業・開発
  • 分野2:補助金・助成金、委託費
  • 地域:全国 
  • 実施機関:日本商工会議所

国より”認定経営革新等支援機関”認定通知書到着

ものづくり補助金募集開始

2019.03.01

平成30年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の公募が開始されました。詳細は全国中小企業団体中央会ホームページをご覧ください。第2次公募の締切が5月8日(水)と短くなっておりますので、ご注意ください。

国の”認定経営革新等支援機関”拝命

2019年3月1日

今2月28日付けで掲題の認定経営革新等支援機関に採択されました。詳細は、下記中小企業庁のホームページURLをクリック下さい。なお、当該文書は別途ご送付頂けるとのことですが先ずはご一報まで。また、お客様サイドに立ち、一生懸命頑張りますので何卒宜しくお願いいたします。

未来の東京を創るV戦略

2019年2月2日

東京都は概ね10年後の都内の中小企業のあるべき姿をまとめた「中小企業振興ビジョン」を策定した。「未来の東京を創るV戦略」をテーマに、(1)都内の黒字企業の割合が50%超(2)売上高の対前年度比が増加している都内中小企業の割合が55%以上(3)都内の開業率12%(4)全自治体での経済成長率がプラス(5)テレワーク導入率70%−の5つの政策目標を掲げ、円滑な事業承継や海外展開、起業支援などに取り組む。

 一方で、中小企業の成長を支える人材の育成や多様な働き方を実現する職場環境の整備にも取り組み、中小企業での働き方改革を後押しする。

東京都職域健康促進サポート事業

2018年12月4日

東京都では、企業等に勤務される方が多く、勤労者が日常生活の多くの時間を過ごす職場における健康づくりが重要であることから、職域への健康づくりの取組を推進しています。
この度、都がこれまで実施してきた事業から得たノウハウを活かし、東京商工会議所と連携し、企業等への普及啓発と各企業の個別の取組に対して支援を行う「東京都職域健康促進サポート事業」を開始しましたのでお知らせいたします。

詳細は次のURLをクリックしご覧ください。

中小企業プロモーション支援事業(東京都)

2018.11.5
自社のプロモーションを課題とする中小企業を対象とした効果的な自社PRシートの作成やプロモーション戦略策定を支援し、中小企業の更なる販路開拓を後押しする事業で東京都よりの施策事業です。
私個人としても当該技術力を有していることもあり、既に二桁中小企業事業者様より受注があり更には1件今般東京都のホームページにアップさせて頂きました。アップした中小企業事業者様よりも歓びと感謝の声も頂いており嬉しい限りです。今後ともニーズに応えていきたく宜しくお願いいたします。

健康経営有料法人中小規模法人部門認定申請開始

2018年10月6日

経済産業省では、次世代ヘルスケア産業協議会健康投資ワーキンググループ(日本健康会議ワーキンググループ合同開催)において、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」すべく、「健康経営優良法人認定制度」の設計を行い、本制度を運営する日本健康会議において、「健康経営優良法人」を認定しています。
本日、日本健康会議において、「健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)」の認定申請の受付が開始されましたのでお知らせします。詳しくは下記URLをクリック下さい。(なお、健康経営優良法人2019(大規模法人部門)につきましては、11月中旬の申請受付開始を予定しています。)

健康経営について

18.09.07
時節柄、自らも健康経営アドバイザー上級として関わらさせている東京商工会議所による健康経営推進について述べます。以下、東京会議所による健康経営をクリック下さい。更に中小企業における実践もクリック下さい。

モノづくり補助金二次公募

2018年8月8日
平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の二次公募が始まりました。今回は公募期間が一カ月ちょっとと短く、締め切りは9/10(月)です。
今回は小規模型の試作開発等の類型がなくなり、NPOが補助対象になりました。
恐らく、採択率は低いことが予想されます。
以下、概要です。
1.事業概要
足腰の強い経済を構築するため、日本経済の屋台骨である中小企業・小規模事業者が取り組む生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等の一部を支援します。
2.公募期間
平成30年8月3日~平成30年9月10日(月)〔当日消印有効〕
3.事業実施期間
交付決定日から平成31年1月31日(木)まで
4.類型・補助額・補助率など(割愛)
5.加点項目
①生産性向上特別措置法(案)に基づいた先端設備等導入計画の認定企業
②有効な期間の経営革新計画の承認(申請中も含む)、または経営力向上計画の認定(申請中も含む)、または地域未来投資促進法の地域経済けん引事業計画の承認(申請中も含む)
③総賃金の1%賃上げ等に取り組む企業
④小規模型に応募する小規模企業者
⑤平成30年7月豪雨により被災を受けた、岡山県・広島県・愛媛県、岐阜県・京都府・兵庫県・鳥取県・島根県・山口県・高知県・福岡県に所在企業 以上

最新施策マップ(まとめ)

2018年6月10日

「ミラサポ」サイト内で、中小企業・小規模事業者の皆さまにぜひ活用してほしい機能中の「施策マップ」です。
「施策マップ」は、インターネット上で中小企業・小規模事業者向けの施策情報を知ることができるシステムです。2014年6月から提供を開始しており、中小企業・小規模事業者の皆さまの経営強化の支援となるよう、府省庁や全国の地方自治体が施策情報を登録しています。
2018年5月現在、1,000件を超える施策情報が登録されている「施策マップ」は、補助金や税制などを、分野や業種、国・都道府県・市区町村エリアなどで検索できるほか、検索結果を比較・一覧表示することができます。詳細は”施策一覧(まとめ)”をクリック下さい。
※本記事は、2018年5月23日時点の情報をもとに執筆・掲載しているとのことです。

H29年度補正「事業承継補助金」公募

2018年5月11日
事業承継をきっかけとした、中小企業による経営革新や事業転換への挑戦を応援するため、平成29年度に引き続き、「事業承継補助金」を実施します。 
「後継者承継支援型~経営者交代タイプ~」は4月下旬の公募開始を予定していますので、事業の活性化に、是非ご活用ください。

平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」公募

2018年4月7日「ものづくり補助金」の公募が始まりました。今回は6月中に採択者が公表され、第二次公募がある模様です。
以下、概要です。
1.事業概要
足腰の強い経済を構築するため、日本経済の屋台骨である中小企業・小規模事業者が取り組む生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等の一部を支援します。
2.公募期間
平成30年2月28日~平成30年4月27日(金)〔当日消印有効〕
3.類型・補助額・補助率・事業実施期間など
全ての類型で、生産性向上に資する専門家の活用がある場合は、補助上限額を30万円増額が可能
4.加点項目
①生産性向上特別措置法(案)に基づいた先端設備等導入計画の認定企業
②有効な期間の経営革新計画の承認(申請中も含む)、
または経営力向上計画の認定(申請中も含む)、
または地域未来投資促進法の地域経済けん引事業計画の承認(申請中も含む)
③総賃金の1%賃上げ等に取り組む企業
④小規模型に応募する小規模企業者
⑤九州北部豪雨の局地激甚災害指定を受けた市町村に所在し、被害を受けた企業。詳細はH29年度補正【ものづくり・商業・サービス経営力向上⽀援事業】をクリック下さい。

 更には、同補助金の平成29年度補正予算による公募が平成30228日から開始されたことによる下記URLをご確認ください。
https://www.tokyochuokai.or.jp/flash/1580-2018-03-02-17-00.html

https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29mh_koubo_201802.pdf

平成29年度補正「小規模事業者持続化補助金」の公募

2018.4.3

【事業概要】
小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を補助する制度です。
なお、本公募においては、事業承継に向けた取り組み、生産性向上に向けた取り組みを実施する事業者が重点的に支援されます。

【公募期間】
平成30年3月9日(金)~平成30年5月18日(金)〔当日消印有効〕

【対象者および補助率等】
対象者:全国の小規模事業者
補助率:補助対象経費の2/3以内
補助上限額:50万
100万(賃上げ、海外展開、買物弱者対策)
500万(複数の事業者が連携した共同事業)
小規模事業者は具体的には常時使用する従業員の数が以下です。
1.卸売・小売業:5人以下
2.サービス業(宿泊業・娯楽業以外):5人以下
3.サービス業(宿泊業・娯楽業):20人以下
4.製造業その他:20人以下
補助対象経費は具体的には以下です。
①機械装置等費、②広報費、③展示会等出展費、④旅費、⑤開発費、⑥資料購入費、⑦雑役務費、⑧借料、⑨専門家謝金、⑩専門家旅費、⑪車両購入費(買物弱者対策事業の場合に限ります)、⑫設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)、⑬委託費、⑭外注費

【公募要領等】
公募要領等は、以下からダウンロードしてください。
・商工会の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方
全国商工会連合会ホームページ
・商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方
日本商工会議所小規模事業者持続化補助金事務局ホームページ

【手続きの期限など】
・採択結果公表:平成30年7月中(予定)
・補助事業実施期間:交付決定日後から平成30年12月31日(月)まで

【加点ポイント】
以下の場合は採択審査時に加点があります。
(1)生産性向上加点
生産性向上特別措置法に基づき、「導入促進基本計画」を制定し、認定を受けた事業者が実施した設備投資に対して固定資産税の税率をゼロとする制度を実施する市区町村に対して、当該市区町村に対し、その地域内に新たに導入する先端設備等に関する「先端設備等導入計画」の認定申請を行う意志がある場合
(2)経営力向上計画加点
平成30年2月28日までに、中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の認定を受けている事業者
※平成30年3月1日以降の認定や、申請中、これから申請の場合は加点対象外

ものづくり・商業・サービス補助金の公募について

2018.3.6
国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部支援を目的としています。対象者、支援内容・規模、募集期間等はものづくり・商業・サービス補助金をクリック下さい。

経済産業省H30年度当初予算

2018.1.08
経済産業省H30年度当初予算とH29年度補正予算が公開されました。上述の経済産業省H30年度当初予算とH29年度補正予算をクリックしご覧ください。

事業承継ガイドラインに沿って「経営者のための事業承継マニュアル」を公表

2017.12.9

中小企業庁、「事業承継ガイドライン」対応の「事業承継マニュアル」が公表されました。 2017年410日、事業承継ガイドラインに対応する「経営者のための事業承継マニュアル」が中小企業庁より公表されました。 中小企業庁「経営者のための事業承継マニュアル経営者のための事業承継マニュアル. 「事業承継ガイドライン」が中小企業庁により10年ぶりに改訂. ビジュアルで非常にわかりやすくなっています。

働き方改革実現に向けた対策案(中小企業庁・厚生労働省)

2017.11.11 中小企業・小規模事業者への働き方改革実現に向けた対策案が厚生労働省・中小企業庁より発表されております。上記青字のところをクリック下さい。

フィンテックは中小企業の味方

2017.10.12  IT技術を使った新たな金融サービスを「FinTech(フィンテック)」と云い更に一言で説明するとすれば、金融にITの技術を掛け合わせた物お金に関する技術全般をフィンテックと呼ぶ事が出来ます。更なる詳細は、次のフィンテックは中小企業の味方(経済産業省METI Journal2017.10.12号より)ご参照下さい。

Iot経営支援事業(東京都)

2017年9月⒕日
東京都中小企業振興公社では東京都立産業技術研究センターと連携し中小企業が取り組むIotを活用した工場の生産性向上や高品質のものづくり、Iot関連の製品開発による新規事業参入等の支援を開始しております。派遣期間は30年3月末で、詳細は上述をクリック下さい。 

小規模事業者持続化補助金採択されました!

2017年7月27日

中小企業庁より、掲題について、H28年度第2次補正予算追加公募分の採択結果が公表されました。私が某商工会議所の窓口相談での数社も採択されておりうれし限りで、今後ともお役に立てれば・・と存じ上げます。

採択者一覧等は、上述のH28年度第2次補正予算追加公募分の採択結果をクリック下さい。

補助金等目的・背景の理解

2017年6月24日

補助金等の決定の背景を知り、その明確な目的を知ることにより、申請書を書く際には、その目的を踏まえた内容にすることが大切です。
その関連のURLとして”補助金早やわかりガイド”をクリック下さい。更にはご参考方々”産業構造審議会関連”資料もクリック下さい。

平成29年度予算「創業・事業承継補助金(創業・事業 承継支援事業)」の公募

2017年5月25日 平成29年度予算「創業・事業承継補助金(創業・事業

承継支援事業)」は、新たな需要や雇用の創出等を促し、我が国経済を活性化させることを目的に、新たに創業する者に対して創業等に要する経費の一部を補助します。また、

事業承継を契機として経営革新等や事業転換を行う中小企業に対して、その新たな取組に要する経費の一部を補助します。詳細は中小企業庁ホームページの上述の青字のところをクリック下さい。

「平成28年度2次補正 小規模事業者持続化補助金」の追加公募

2017年4月26日

「平成28年度2次補正 小規模事業者持続化補助金」の追加公募

が始まりました。

今回の追加公募では、下記のように前回の公募と異なる点があります。 

・雇用の増加や賃金引上げ等を行う事業者に関する、補助上限額引上げ措置がない。

・代表者の生年月日が確認できる公的書類の提出が必要。

・代表者が60歳以上の場合、商工会・商工会議所が発行する「事業承継診断票」の提出が必要。

・代表者が60歳以上(平成2941日現在)で、後継者候補が中心となって行う取組みの場合は、審査上加点される。 

事務局(全国商工会連合会、または日本商工会議所)への応募締切は531日ですが、事前に地域の商工会商工会議所に書類作成・交付を依頼する必要がありますので、応募予定の事業者様はお早めにご相談ください。(詳細は上記青字をクリック下さい。)

新予算・税制の情報

2017年2月28日
経済産業省・中小企業庁関係のH28年度補正予算、H29年度予算・税制改正が発表されました。上述の該当を箇所をクリック下さい。

国の創業スクール10選に選ばる!

2017年2月1日

既に、複数の公団体の要請を受け、創業スクール、創業塾関係に複数の地区に講師陣として参加させて頂いておりましたが、今般、国の平成28年度地域創業促進支援事業としてのせたがや中小企業経営支援センターの第二創業コースも掲題の10選に選ばれました。(私は同コースでは資金繰りの支援をさせて頂き受講者の皆様方にもその後の懇談会含め対話込みで役立たせて頂いたかと存じます。)今後とも新規開業者含め中小事業者の身に寄り添って対応を致したく宜しくお願い致します。

未来を羽搏く若い人達へ指導・支援!{中小企業診断士試験実務補修指導員(旧第三次試験委員)にて}

2016年12月3日

来年2月度から開始される掲題の第三次試験委員をやることになりました。これから羽ばたく人たちへの夢・希望・目標に適えたくと考え目下準備中ですので宜しく。全体最適で未来を語る資格は中小企業診断士しかないことから、他の(弁護士、社労士、税理士、IT技術者等含む)士業からの受験者も多くなっているのが実態です。

H28年度生涯現役促進地域連携事業

2016年10月4日
目下国の創業スクール受講者への支援もやっております。様々な夢希望へのニーズとして、掲題の生涯現役促進地域連携事業のことについてお知りになりたい方もおりました。上述をクリックしご覧ください。

H29年度経済産業重点政策

2016年9月5日

掲題についての、「経済産業政策の重点、概算要求・税制改正要望」は今後の補助金等への先行指標とも想定され掲載いたします。クリック下さい。

厚労省の助成金の最新状況

補助金全戦全勝!→100%ゲット率の助成金も!

2016年7月7日 総じて、補助金・助成金については、競争率の厳しい補助金のみならず、ゲット率100%の助成金も逃せません。まずは、頻度多く使われている補助金・助成金について左記青字をクリック下さい。更には次の助成金もクリックしご参考にして下さい。私は、左上図での(1)新規創業、(2)商店街・地域等の活性化、への各支援を、そして(3)雇用に係るものの支援も手掛け中の経験・実感からもお勧めいたします。尚、左上図をクリックすると拡大図が見れます。

未来を羽搏く若い人達へ指導・支援!{中小企業診断士試験実務補修指導員(旧第三次試験委員)にて}独立・起業へ興味のある方へ

2016年6月8日

中小企業診断士試験の実習指導員として、今回7月度も難関を合格した方々への実務補習の指導をやることになりました。これから羽ばたく人たちへの夢・希望・目標に適えたくと考え目下準備中ですので宜しく。

未来を羽搏く若い人達へ指導・支援!{中小企業診断士試験実務補修指導員(旧第三次試験委員)にて}

独立・起業へ興味のある方

2016年1月31日
2月度からまた、中小企業診断士試験の実習指導員として、難関を合格した方々への実務補習の指導をやることになりました。これから羽ばたく人たちへの夢・希望・目標に適えたくと考え目下準備中ですので宜しく。

2016年1月1日
新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。さて、昨年を振り返ってみても、創業塾・創業スクール・創業セミナー等にも連携し対応させて頂きました。受講されている方々を見ても100%創業を目指す方以外にも独立・起業に関心のある方の受講も見られました。そのことは、100%創業者が成功してはいない現実から、ある意味では賢明な選択・受講かとも考えております。我々グループも幾重へも備えのメニューを用意しつつ受講者の方々への夢・希望・目標に適えたくと考え今年も宜しくお願い致します。

NHKTV(全国版)に放映!

2015年11月28日
去る11月8日

NHK総合TV朝8時25分からの人気番組”サキどり”にて「多世代共生」で老いも若きもハッピーに!との題名で放映がありましたが、その町田での日本型CCRCの研究会の末席に私も映ってました。全体概要は上述のURLをクリック下さい。またその動画の一部抜粋を上から2つ目のスライドショーにてご参照下さい。

”お客様の声”をスライドショーにしました

2015年10月8日      

”お客様の声”等を再度スライド化更に背景画像も替えました。

                                   
                                      2015年9月9日 
”お客様の声”をスライド化しました。

未来を羽搏く若い人達へ指導・支援!{中小企業診断士試験実務補修指導員(旧第三次試験委員)にて}

2015年8月15日         去る7月2日より7月13日まで、中小企業診断士の1,2次試験合格者へ実習指導、いわゆる大学病院のインターンによる「健康診断」相当の担当指導員を国より拝命しておりました。

しかし、今回も無事成功裏に終了しました。(左表の黄色い部分が対象)

 

今回は、年齢は三十代前半から四十代後半の銀行の融資・審査経験者そしてIT等大手企業にお勤めの方々で別途IT資格等の複合資格をお持ちの方々もおられました。

難関な診断士の一次試験、二次試験を取得し今回の実務補習に参加され有意義なデスカッション&双方コミュニケーションをも併用しつつ、いずれも部分最適でなく、全体最適志向を求め診断士を目指され取得されたわけです。

そのことは、これから日本の未来に羽
 ばたかれるのが楽しみです。

今回の実務補習先は、一層中小企業庁のご意向にそうべく従来よりも更に環境変化対応型の企業でした。

中小企業庁もさぞやご満足のいく企業と考え当該社長へ感謝申し上げます。同時に社長も質の高い報告書におよろこびのご様子でした。受講生へ良い場を提供できたかと存じ上げ、受講生の皆様も御よろこびかと存じます。

未来をはばたく若い人たちへの指導・支援!{中小企業診断士試験実務補修指導員(旧第三次試験委員)として}

2015年2月18日      去る1月29日より2月9日まで、中小企業診断士の1,2次試験合格者へ実習指導、いわゆる大学病院のインターンによる「健康診断」相当の担当指導員を国より拝命しておりましたが、今回も無事成功裏に終了しました。

今回は、年齢は三十代前半から四十代後半の大手銀行の融資・審査経験者そしてIT等大手企業にお勤めの方々で併用としての別途宅建、IT資格等の複合資格をお持ちの方々もおられました。

難関な診断士の一次試験、二次試験を取得し今回の実務補習に参加され有意義なデスカッション&双方コミュニケーションをも併用しつつ、いずれも部分最適でなく、全体最適志向を求め診断士を目指され取得されたわけです。

そのことは、これから日本の未来に羽
 ばたかれるのが楽しみです。

実務補習先の社長も質の高い報告書におよろこびでした。 

平成26年12月23日

左記冬季コース無事成功裏に終了しました。

講師陣の一人として、関係者各位に感謝申し上げます。と同時に、受講者の皆様が成功裏に羽ばたくことを祈念しております。

2014年9月23日         去る9月1日中小企業診断士の1,2次試験合格者へ実習指導、いわゆる大学病院のインターンによる「健康診断」相当の担当指導員を国より拝命しておりましたが、無事成功裏に終了しました。

前回は、弁護士、社労士、税理士、大手銀行の融資・審査経験者そしてIT企業の方々でした。


今回は大手民間企業中心の方々が、診断士を取得し今回の実務補習に参加されてました。


いずれも部分最適でなく、全体最適志向を求め診断士を目指され取得されたわけで、そのことは、これから日本の未来に羽 ばたかれるのが楽しみです。


実務補習先の社長も質の高い報告書におよろこびでした。 


下述以降、2014年9月23日以前は、旧お知らせ(更新履歴)をクリック下さい。

ホームページ立上にあたり

2012年3月15日

”3.11”いわゆる世紀の東日本大震災の惨状をどう受け止めどう対応したらよいのでしょうか?


東洋の大哲学者、梅原猛先生が私の想いを代弁した話を、NHKTV教養番組”3.11後を生きる君たちへ”(2012.3.31)と題して話されました。ご参考までに・・・。


梅原猛先生談「私たちは震災への死者へどう対面していけばよいのか?


私はやっぱりその残っている麦(思想)は、それなりの磁力を持っている・・それがやっぱり一粒の麦を撒いて、それから人の思想は育っていくと、私は思っているのです。


私の撒いた一粒の麦が、やっぱり若い人たちに受け継がれて、それが形を変えても良いから育ってほしいと痛感しています。」と・・。


東洋の宗教家で、仏教・神道の権威でもある梅原先生が、西洋発祥のキリスト教の新約聖書ヨハネ伝第12章の”一粒の麦は・・”を引用して3.11後「今後我々はどうあるべきか?


どう生きるべきか?」を述べておりました。


梅原先生のこのお話は、他国の文化・文明への相互理解への配慮もなされており、目下グローバル化への時代・時節への環境変化・対応上、共感・共鳴するものであります。


今般、ホームページ立ち上げに当たり、素晴らしいJimdoを媒介として、各々の”一粒の麦”の想いを発信しようとしているのは、決して私だけではないでしょう。

 

国の無料派遣支援制度:(今国会大臣答弁より)

2014年10月18日


年3回まで無料の専門家派遣制度をご存知でしょうか?     

この制度は、中小企業・小規模事業者が抱える経営上の課題やお悩み解決のために、中小企業診断士等の専門的な知識や経験を持った専門家を中小企業庁が派遣する制度です。

今10月初旬の国会で、公明党代議士からの「中小企業・零細企業への販路拡大等への支援策は?」との質問に、経済産業大臣は、この制度”ミラサポ”について紹介且つ答弁致しましたので掲載させて頂きます。

中小企業退職金共済制度(中退共制度)のご紹介

2014年10月5日        同退職金制度は、従業員の働く意欲の向上、優秀な人材確保に役立ちます。


中小企業の経営などの問題に対する相談を受ける際、退職金の新設、見直し、充実、課題等の内容のときの国の退職金制度であります。


中小企業退職金制度(中退共制度)を是非お勧め下さい。


中退共制度は、以下のような特徴があります。


●安心 掛金の一部を国が助成

●有利 掛金は全額非課税

●簡単 外部積立型なので、加入手続き・掛金管理も手間いらず納付状況、退職金試算額もお知らせいたします。

◎詳しくは、中退共ホームページをご覧ください。


中小企業庁施策の説明

施策マップ一覧(中小企業庁より)

2017年8月15日

最新の施策マップ一覧は、中小企業庁ミラサポより提供の上記施策マップ一覧をクリック下さい。

補助金申請のポイント

2014年12月17日      中小企業庁より補助金申請 

のポイントが掲載されておりますので、この補助金申請のポイントをクリックしご覧ください。

採択率を向上させるために

2015年4月30日



平成27年度第一次の【小規模事業者持続化補助金】採択結果については、下記URLをご覧ください。

http://www.jizokukahojokin.info/

さて、採択への3つの基準・原則としては、下記3つを踏まえて経営計画書、補助事業計画書を作成しているのが採択率が書かいようです。


下記をご覧ください。
1.社会貢献性

2.新規性・革新性・独創性

3.経済効果


詳細は、別途といたしますが、補助金を出す側としても、お金を出すからには、効果を上げてもらわなければ死に金になりますから、どうしても経済効果は重視するポイントになってきます。


【小規模事業者持続化補助金】に応募する際には、
これら3つの原則(「
社会貢献性、新規性・革新性・独創性、経済効果」)をきちんと押さえて、事業計画を作成下さい。

小規模企業関連施策

2015年5月30日


補助金も助成金も、国や地方公共団体等から支給される原則返済不要のお金のことです。


財源は公的資金から出されますので申請や審査が必要となり一定の資格要件が必要な場合もあります。

2015年6月30日


不正受給に監督官庁は目を光らせており、業績が悪化したために不正受給とみなされたケースも多く、当サイトのサブタイトルに”業績改善・向上”も一緒に!を付記した背景でもあります。


ご参考までに不正受給の一覧の一端は、この、不正受給の一覧をクリック下さい。

2015年7月30日

上図に、補助金と助成金の違いの概要も図示してますのであわせてご覧ください。

補助金・助成金各一覧

2015年8月10日


アベノミックスの第三の矢の浮上にも重要な関りを持っているこの補助金・助成金関係には目を離せません。


都度掲載を致すつもりですが、上記青色のボタンをクリックするとベンチャー企業関連の当面の補助金・助成金がご覧になれますので宜しく。

 

厚生労働省助成金一覧
厚生労働省助成金一覧

厚生労働省の助成金一覧については、”厚生労働省助成金一覧”の青色ボタンをクリック下さい。

中小企業庁関係補助金・助成金
中小企業庁関係補助金助成金

中小企業庁関係の補助金・助成金については、上述の中小企業庁関係補助金・助成金の青色ボタンをクリック下さい。

 業績改善・向上の支援 (補助金・助成金活用も)

2014年12月10日
補助金・助成金等とセットにして業績改善・向上への支援を致します。

(もちろんそれ以外の支援もやっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。)。

活動エリアは、当面、東京・神奈川等関東中心と考えております。

(しかし国の地域プラットフォームの認定も受けておりますので、全国的な活動もできます。)

地域プラットフォームは、情報収集から補助金・助成金申請まで、経営者の身近な相談窓口ですが、その詳細については次の、地域プラットフォームをクリック下さい。 

中小企業に必要なコンサル+コーチングもセット支援

コンサルティングとコーチング
コンサルティングとコーチング

2014年12月10日

なお、支援メニューとしては、業績改善と業績向上の各メニューがありますが、詳細は下記の通りです。

しかし、中小企業事業者の場合、左表のように、コンサルティングだけでなく、(潜在能力を顕在化させ真の課題を引出すとの)コーチングも業績改善・向上に役立っているのが実態でした。

コーチングは、お客様の身に寄り添い真の課題解決をめざすためには大事なツールであり、状況~を踏まえた支援を考えております。

        そのコーチングについても二十数年以上の実績がありますので宜しく。

(なお、定義としてのコーチングとは、人材育成を行う手法の1つです。

・質問型のコミュニケーションを使い、目標に対して相手が取るべき行動を自ら選択することを促す手法であり、自律的な選択により行動を誘発することが実現できます。) 

上記”コンサルティング+コーチング”により、真の課題解決が可能です。

それにもとづき業績改善・向上への具体的事例は次の通りです。

上記の詳細は、当面それぞれの下記をクリック下さい。

創業(ベンチャー)支援

経営革新

マーケティング戦略+ネット

事業再生

無料経営相談

福祉サービス第三者評価

(少子高齢化対策)

金融機関融資成功の条件

2016年4月30日
非常に多くの中小企業が赤字との実態です。従って金融機関との良好な関係は欠かせません。ついては、金融機関との融資成功の条件として以下を留意するよう某政府系金融機関のご担当者様の見解ですので宜しく。


Face Book


2014年9月30日

ホームページのリニューアル:

今般、KDDI様の名著「Webマーケティング」をも拝読し当該関係者様々のご指導により、シンプルに見やすい形にリニューアル致しました。

 

従来のは、二十数年の経営診断実績をベースに上図でいえば、T字型の横軸に幅広くメニューを掲載しておりました。

 

しかし今回は、T字型の縦棒として”補助金・助成金等で業績改善・向上もご一緒に・・”とシンプル化且つ焦点を絞り込みました。

 

上記テーマは、今般、国から拝命の地域プラットフォームでの大事な使命でもあります。

 

(地域プラットフォームのミッションとしては、助成金・補助金の申請はあります。しかし、”業績悪化等に伴う、不正受給?”を回避のために、業績改善・向上は当然必須なのであります。)

 

過去、二十数年中小企業事業者様の身に寄り添い、経営診断・指導をさせて頂いてきておりますが、「良かった!」との声を良く聴いても、「悪かった!」との声は絶無でした。

 

従って、上述の、”一粒の麦”への想いを発信するに当っても、総じてお役にたつ内容の発信を志しますので何卒宜しくお願い致します。

 

追記:ホームページは、2人以上で作成するのが良いとも教えられました。従って、そのような観点を広くと応え”専門家集団との連携”をも当テーマを入れました。